綺麗な瞳

近視を治す方法

治療方法の変遷について

手術室

昔から近視を治療する方法としてよく用いられてきたのは、メガネを使うという方法です。正確に言うと、メガネをかけたからといって、近視そのものが良くなるわけではありません。メガネのレンズの助けを借りて物を見えやすくするというだけの方法ですから、メガネをかけている間しか視力を回復させることができません。つまり、視力を回復させるというよりも、一時的に視力を矯正する方法でしかないと言うことができます。形状は異なりますが、コンタクトレンズの場合も、ほぼ同様のことが言えます。しかし、15年位前から行われるようになったレーシックの場合は全然違います。レーシックというのは、角膜にフラップという名前の蓋を作り、内部にレーザーを照射して角膜を削って視力を矯正する手術のことです。良いレーシックを受ければ、その後は裸眼で快適に生活することができるようになるため、福岡でもレーシック希望者が増えてきています。幸い、福岡にはレーシックが上手いと評判になっているクリニックがありますので、福岡に住んでいる人は安心して治療を受けることができます。

これからの近視治療について

重度の近視の場合は、メガネやコンタクトレンズでは完全に視力を矯正することができません。でも、レーシックであれば、かなり高い確率で視力を回復させることができます。また、左右の視力が大きく異なっていてメガネでは視力を矯正することが難しい場合や、乱視が混ざっているような場合でも治療することが可能です。そのため、福岡にあるレーシック専門クリニックには、毎日大勢の患者が訪れています。今後、手術で近視を治療しようとする人がさらに増えるだろうと考えられていますが、近年になって、レーシックを一歩進化させたような外科手術が登場してくるようになりました。それは、目の中に眼内コンタクトレンズを挿入するICLという名前の手術です。レーシック手術後に起こりやすいドライアイなどの後遺症を克服できる方法であるため、ICLに注目が集まっています。新しい手術方法が開発されたことにより、近視治療の方法として外科的療法を選ぶ人がさらに増えるだろうと予想されています。